徹底解明!クラミジア専門サイト
クラミジアを研究する職員

性病として世界的に感染者の多いクラミジアの治療専門サイトです。

クラミジア性病が進行すれば激しい腰痛が起こることも

性病に分類される病気の多くは細菌やウイルスに対する感染病であり、性交渉を通して人から人へと感染を広げていきます。
性交渉を通して性病をもらってしまい身体に痛みを覚える女性その感染経路として一般的なのは体液を通したものであり、精液などの性的な要素のある体液だけでなく、血液や唾液にも多くの細菌やウイルスがいることから、性病が広がる原因となっています。一方、それが感染源となって粘膜から細菌やウイルスが体内に侵入することが一般的であり、膣や陰茎だけでなく、口の粘膜もまた感染経路となるものです。細菌によっては舌に常在するものもおり、舌カンジダ症と言われることもある口腔カンジダ症はその代表的なものです。カンジダ症は性病ではあるものの、病原性が低いことから感染病には分類されないのが一般的となっています。しかし、舌にカビが生えたような状況になってしまう口腔カンジダ症がある間は性交渉を避けて治療に専念すべきであるのは事実です。同様のことが性器カンジダ症にもいうことが可能であり、女性に多い性病であることから男性側の配慮が必要です。舌は唾液や口腔粘膜を接触することから、舌を使うことによって感染病が拡大する可能性があることは留意が必要です。性器と性器の接触でなくとも感染が拡大するということを理解しておくことで、オーラルセックスなどによるリスクも容易に理解することができるでしょう。病原性の高い細菌やウイルスによる性病の拡大を防ぐためにはそういった理解を広めていくことが重要であると共に、自分が感染病にかかっていると疑われた場合には速やかに検査を受けて治療を実施していくことが大切です。性に対してオープンになる傾向があることから、感染の拡大が懸念されているため、個人レベルでの理解を進めていくことが必要とされています。