徹底解明!クラミジア専門サイト
クラミジアを研究する職員

性病として世界的に感染者の多いクラミジアの治療専門サイトです。

性病検査とhcv検査の価格

hcvとは肝炎ウイルスの一つであるC型肝炎ウイルスのことです。このhcvに感染すると肝臓がんを発症するリスクが高くなるというデータがあり、感染していない健常者に比べ発症リスクが100倍以上も上昇するとされています。hcvへの感染は複数の感染経路がありますのでそれぞれ必要な対策を立てることが重要です。中でも多くみられるケースは注射針を使いまわすことで感染してしまう場合です。注射針は医療関係者なら安い価格でも入手できますが、違法薬物を使う目的の場合には正規のルーと以外で入手することになりますので価格は数倍にもなることがあり、費用を抑える為に使いまわしがおこります。これに近いものに刺青の針があります。業者がコスト削減し利益を確保するため十分な消毒もしないで顧客に使うことがありこれが感染を助長させてしまいます。その他には性交渉による感染があります。パートナーがHCV感染していた場合にも10%程度の確率で感染すると言うデータもありますので不特定多数との性交渉は慎重にすることが重要です。性交渉で感染を防ぐ方法はコンドームがベストです。不幸にして感染してしまった場合には一般に2から3ヶ月経過後、急性肝障害を起こしやすくなります。不特定多数との性交渉に心当たりがある場合に体調が優れない場合には性病だけでなくhcvに感染している可能性もありますので1度検査をすることをお勧めします。性病にももちろん恐ろしいものもありますが、肝臓がんは命に関わりますので早期の検査と治療が必要です。検査価格は1,0000円程度で可能ですので、性病に感染したと自己判断しないで検査の出来る専門の病院で検査を受けましょう。